N-アセチルグルコサミン

N-アセチルグルコサミン

様々な関節炎に使える!N-アセチルグルコサミン&コンドロイチン

 

ひざを曲げた時や脚に力を入れた時、関節がピキッと痛むことはありませんか?
ちょっとした動きで関節に鈍痛がするようなことがあれば、それは関節炎かもしれません。
関節炎は、ある程度の年齢になると誰にでも起こりやすくなる症状のひとつです。
関節炎の原因は、関節の間にある軟骨がすり減ってしまうことにあります。
関節は軟骨によって柔軟に動かすことができていますが、軟骨の状態に問題があると、関節が擦れあうことで炎症を起こし痛みを感じるようになってしまうのです。
もしあなたが関節炎になってしまったら、病院で診療を受けることも大切ですが、関節に求められる栄養素を十分に補う習慣をつけることにも目を向けてみることをお勧めします。
ひざの痛みなどの関節痛に作用する成分が入った商品には、N-アセチルグルコサミン&コンドロイチンと呼ばれるものがあります。
N-アセチルグルコサミン&コンドロイチンの成分としては、次のようなものが含まれています。
・N-アセチルグルコサミン…1000mg
・コンドロイチン…1000mg
・MSM (Opti MSM)…500mg
・バイオセルコラーゲン …500mg
これだけの成分量が8粒あたりにしっかりと配合されているのが、このサプリメントの一番の魅力です。
また配合量だけでなく原料や製造方法にもこだわっているので、関節痛に直接作用しやすいサプリメントとしてもお勧めできます。
更に粒が小さく飲みやすいので、無理なく継続することにも役立てられるでしょう。
関節炎予防やひざの痛みだけでなく、腕や手の腱鞘炎など様々な悩みに力を発揮するN-アセチルグルコサミン&コンドロイチンで、関節の健康維持に取り組んでみてください。

 

今日はちょっとグルコサミンについて勉強してみましたv(・∀・*) グルコサミンは関節痛に良く効くと有名ですよね☆ わたしたちの関節は動かすとそこに摩擦が生じます。その摩擦を緩和するために関節の間には軟骨があるのですが、その軟骨は日々の摩擦ですり減っていっているのです…(´・ω・`) ある一定量以上の軟骨がすり減ってしまうと痛みが発生するという仕組みなんです!! つまりすり減った軟骨を再生することができれば関節痛は改善できますよね?? グルコサミンにはまさにその軟骨再生効果があるそうなんですよー

 

コンドロイチン

更新履歴